著名人の推薦

Shinichiro Terayama

寺山心一翁 先生
有限会社超越意識研究所 社長

1936年東京生まれ。

 

早稲田大学第一理工学部電気工学科卒業後、東芝入社、半導体素子の研究、開発、試作に従事。

 

1980年、寺山コンサルタンツオフィスを設立。1984年に右腎臓ガンとなり、手術、抗がん剤、放射線治療という現代医学による治療にもかかわらず、ガンが右肺など他部位へ転移し、末期と診断されたのを機会に自宅で死を迎えるために退院。

 

やがてガンに愛を送ることで深い気づきを得て、副作用のない様々な代替療法を自分が中心となり、自らの直感に従い、自分のからだに調和をとりながら様々な自分に合う方法を統合的に取り入れ、やがてガンは自然治癒していった。

 

やがて世界の各地から招かれチェロを片手に赴き、講演、ワークショップを行い、学会発表をし、ある医学部では授業を行い、個人の健康相談を行い、ガンなどの難病をはじめ病気に苦しむ人たちを治癒に導くための指導を行っている。

 

有限会社超越意識研究所寺山一翁オフィス 取締役社長

日本ウェラー・ザン・ウェル 学会副理事長

フィンドホーン財団 評議員(スコットランド)他

著書:『がんが消えた-ある自然治癒の記録』

   『フィンドホーンへのいざない』他

 

渡辺茂さんの講演を2008年春に聴かせていただいたとき、通常の西洋医学の分野で、薬学を学んできた人とは思えないトータルなバランス感覚のある人だと思いました。


それは人を中心に置いた予防医学という立場から、医学を見つめるという目を持っていたからです。それも単なる予防医学という浅薄な通常の予防医学ではなく、陰と陽という深い東洋哲学に根ざした、普遍の愛に満ちていたからです。


そして一方では海外でのビジネス感覚にあふれていることに、大変優れた人物であると見てとりました。


渡辺さんは、きっとこれからの医学を、一般大衆に根ざし、優しい深い叡智で人々を引っ張って行く人物になるだろうと私には映りました。渡辺さんの将来の成長と発展が楽しみです。